ハワイアンダンスで痛めた膝を治す方法をお伝えしています。

ハワイアンダンスについて

バレエや社交ダンス、フランメンコやハワイアンダンス、ジャズダンス等、色々なものがありますが、その中でも自分が踊りやすいと思ったのはハワイアンダンスです。日本の舞踏にも似ているし、ということで始めてみました。

かれこれハワイアンダンスを始めて3年以上になりますが、ややターンアウトも多く、股関節の部分を凱旋させる時のコツなどもしっかりしないと、なかなか上達は難しいものです。

ですが1年くらい前から膝痛で悩み、そのままハワイアンダンスは続けていたのですが、時間が経つにつれて痛みが酷くなっていき、医者で診てもらうことにしました。

病院に行ったら、正座もできないような状態の高齢者も多かったり、トレイもなかなか行けません、などとお話しを聞くと、自分も危ないと思いはじめ、早く治さなくては、という気持ちになりました。

それから病院に何度も通ってみたのですが、薬や湿布をもらうだけで、全く改善されませんでした。時間が経つにつれて、病院の先生がだんだんと信頼できなくなり、何か他に良い治療法がないかインターネットで探し始めました。

そこで知ったのが、「上田式膝痛改善プログラム」です。このプログラムは整体やマッサージのような対処療法とは違い、根本から完治することを目的としたプログラムです。

根本から完治できる、この言葉に惹かれ購入することにしました。付属の冊子を読んでみて知ったのは、膝痛のメカニズムは姿勢が悪く、体のバランスが崩れてしまっている状態ではどうにもならないこと、そして日常生活からしっかり治すべき、ということでした。

このプログラムを実践するようになってからは、ハワイアンダンスもどんどん踊れるようになり、ほとんど痛みのない毎日を送っています。高齢者だけではなく、スポーツ盛りの方にもぜひお薦めしたいプログラムです。