フットサルの膝痛を確実に治すやり方をお伝えしております。

フットサルについて

公式のサッカーといえば激しいスポーツの代表格ですが、フットサルはやや楽しい雰囲気がしたり、まめに動いても動く範囲が狭いので、趣味程度で始めるにはベストです。

そこで、日頃の運動不足も兼ねて、30代からフットサルを始めています。

実際フットサルを始めて気付いたのが、フットサルはかなり硬いフロアの上でやるということ、エアーシューズなどを履いていたとしても、ひざには予想以上に負担をかけてしまっているということです。

しかし、練習を減らしてもなかなか上達はしないし、30代ではまだまだ回復も早いはず、とやっきになってやっていました。

しかし、しばらくするとひざに強い違和感が生じてきました。医者で診てもらったら損傷があるかもしれない、とレントゲンを撮り、どうやら骨同士の噛み合せが悪化しているようでした。

骨棘に発展したら大変だから、フットサルはしばらくの間止めて、治療に専念するように言われました。ですが、できるだけ早く復帰したいという気持ちがあり、短期間でこの痛みを解消する方法はないかと探しました。

色々と探した結果、対処療法はたくさんありました。マッサージや整体、鍼灸などが代表例です。そのまま解決策を見出せないまま諦めていたところ、「上田式膝痛改善プログラム」に出会いました。

整形外科や大きな大学病院で専門医から診てもらうこともなく、このプログラムを実践するだけで大分良くなりました。ヒアルロン酸注射も考えた矢先のことだったので、かなりリーズナブルに治療に成功したのも嬉しかったです。

このプログラムは根本から完治する、ここが特徴です。ばかげた治療費を払ったり、保険も適用できないような最新医療なんて受ける必要はありません。

このプログラムを膝痛で悩んでいる全ての人にお薦めしたいです。高齢者はもちろん、フットサル、サッカー、レスリングや登山等、万能に効果があると思います。